Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
豆腐と縄文人と (柏艪舎文芸シリーズ)
豆腐と縄文人と (柏艪舎文芸シリーズ) (JUGEMレビュー »)
轡田 隆史
轡田 隆史(くつわだ たかふみ)さんのエッセイ集。くつわだサンは岡田監督の先輩で、早稲田のサッカー選手でした。
NEW ENTRIES
Ads by Google

お気に入り
astyle ANAショッピングサイト
MoMAstore
All About スタイルストア
Apple Store(Japan)
 iTunes Store(Japan)
モノ・マガジン オンライン
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
 
健康になるグッズを求めて、あっちへふらりコッチへよたよた、心と頭を鍛えよう。
ブログやるならJUGEMです。
<< 「ダイエッツ・コンシェルジュ」や「食生活コンシェルジュ」がアドバイス | main | 「肌の健康」をネイチャーメイドがお助けウーマン(?)になれる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
わさび特有の鼻にツーンとくるのはアリルイソチオシアネート
アリルイソチオシアネートはわさび特有の鼻にツーンと抜けるような辛味の主成分で、「アリル芥子油(がいしゆ)」とも呼ばれます。

含硫化合物に分類されるファイトケミカルです。

アリルイソチオシアネートはわさび特有の鼻にツーンと抜けるような辛味の主成分で、抗菌、抗がん、抗酸化作用があります。

このアリルイソチオシアネートには、細菌の増殖を抑制する働きがあり、食中毒予防に効果があります。生の魚を使う刺身や寿司にわさびを使うのは大変理に叶ったことといえます。

ただし、アリルイソチオシアネートは揮発性の物質なので、すりおろしてから時間が経つとなくなってしまいます。わさびは食べる直前にすりおろすのがおすすめです。

TVに登場して人気急上昇しました。わさび一筋「金印」さんのこだわりわさび。香りが違います。



わさび一筋80年!業界トップシェアの「金印」が運営するオンラインショップ

わさびはアブラナ科の植物で、普段私達が食べているのは、根と茎の間にある根茎という部分です。

実はカラシもわさびと同じアブラナ科で、驚くことに辛味成分に関しては、ほとんど同じだというのです。

実は、わさびとカラシの辛味成分はアリルイソチオシアネートという同じ物質。

両者の違いはグリーンノートと呼ばれる香りの成分が、わさびに有ってカラシには無いという程度だったのです。

しかもこのグリーンノート、わさびをすって5分ほどでピークを迎え、その後減少してしまうそうです。知識の宝庫!目がテン!ライブラリーに詳しい





わさび一筋80年!業界トップシェアの「金印」が運営するオンラインショップ

| ファイトケミカルのいろいろ | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:12 | - | - |









http://j-j.jugem.jp/trackback/546